2016
06.12

妊娠初期体験談|妊娠中の入浴剤について

妊娠期の女性のカラダ, ココロ・カラダのケア

妊娠中の入浴剤について

妊娠中入浴剤

アロマ系の入浴剤は、特に妊娠中は注意が必要です。アロマの中には、血の巡りをよくしすぎるもの、月経や子宮収縮を促すものがあります。ホルモンバランスに影響を与えると、早産などを招く恐れもあります。

妊娠初期に控えた方がよいエッセンシャルオイル(精油)

  • ラベンダー
  • カモミール
  • ローズ
  • ローズマリー

妊娠中に禁止されているエッセンシャルオイル(精油)

  • ジャスミン
  • ゼラニウム
  • ペパーミント

ラベンダーはリラックス効果が高いことで有名なアロマのひとつで、とてもポピュラーな香りですが、ケトン類に神経毒性を含みますので妊娠初期には特に注意が必要です。
また、ローズも華やかでよく使われる香りですが、こちらは子宮収縮を促します。どちらも妊娠初期には避けるべきアロマです。

そして妊娠中、どの時期でも使えないものの中で有名なものにジャスミンがあります。こちらは子宮収縮を促し、ホルモンバランスに影響を与えるためです。
なので出産の際にスムーズなお産を行うために使われることがあります。ゼラニウムはローズに似て甘い香りで、防虫効果でも有名なアロマのひとつですが、こちらもジャスミンと同じくホルモンバランスに影響を与えるため、妊娠中の使用は避けましょう。

体験談&まとめ

妊娠中入浴剤
入浴剤の種類も多種多様、妊娠中に入浴剤って利用しても大丈夫なのかな?っと疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

『妊娠中もバスタイムを利用してリラックスしたい!!』と思い調べてみると、妊娠中に利用できる入浴剤、赤ちゃんにも利用できる弱酸性の入浴剤なども数多く販売されていました。

妊娠中はホルモンバランスの乱れによって乾燥などの肌トラブルも多く、入浴剤の成分によっては肌荒れを起す場合もあるようです。

妊娠中は、『低刺激』な入浴剤を使用し、使用する前に成分表や注意書をチェック。不安な方は医師と相談しても良いかと思います。発汗作用&刺激的な入浴剤は避けるのが良いそうですね。

【PR】植物性葉酸で作られた話題の葉酸サプリメント|レピールオーガニックス
Lepeel  Organics 葉酸サプリメントについて
植物性葉酸についてドクターが解説
The following two tabs change content below.
SARA

SARA

36歳、結婚から1年経って妊活をスタートしました!!妊活って何から初めていいのか正直分からなかったので基礎知識は病院で教わりました。これから妊活をする方の参考になれば嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。