2018
01.16

小さな子どもがいる家庭は片付けが大変!そんな時便利な整理整頓グッズ達

片付けしつけ, インテリア, 整理整頓, 育児体験談募集, 育児

小さな子どもが家にいると、掃除や片づけは何かと悩みの種になるもの。

前回の記事では、テーブルやおもちゃを洗う洗剤は、子どもに悪影響は無いだろうか?

キッチンを掃除する油汚れ洗剤は、空気中に充満して子どもの体調を悪くしてはしまわないだろうか?

など、気になる洗剤に関するお話しでした。

そして今回は、整理整頓に関するお話しです。

小さな子ども、特におもちゃをひろげて遊ぶようになる、幼稚園児から小学校低学年生のような年齢のお子さんがおうちにいらっしゃる家では、お母さんがどんなにおもちゃを片づけても、すぐに散らかってしまう!なんて経験があるのではないでしょうか。

そこで、片づけを簡単に出来るようにする為の整理整頓グッズを幾つかご紹介します。
お子さん自身も片づけを習慣つけられるような、便利で簡単に使えるものです。
それでは早速いってみましょう。

整理整頓グッズを使って「子ども自身が片づけを出来るようになる」為の工夫を

もー!さっき片づけたばかりなのにまたおもちゃで部屋が散らかってる!

と、イライラした事はありませんか?

しかし片づけは親だけがするものではなく、子ども自身も出来るようになるととても良い、という事が言えるのではないでしょうか。

筆者は10代から幼児教育の現場に携わっていますが、家で片づけをする習慣がついている子どもは、幼稚園や学校でも遊んだ後に率先して片づけをします。

おもちゃはここ、本やここ、ボールはここ等、使ったら戻すべき所に戻すというのが、無意識のうちに当たり前のこととして体に染み込んでいるのです。

そしてそんな習慣付けに一役買ってくれるのが、整理整頓グッズ達。おもちゃのお家、人形のおうち、本のおうちと言う感じで、自分が外へ出かけても家に帰るように、遊ぶ物それぞれにも帰る場所がある、という意識付けをしてあげると良いかもしれません。

簡単に片づけられる便利な整理整頓グッズ3選

では、どんな整理整頓グッズがあれば子どもは片付けが習慣付けられ、大人も簡単に片づける事が出来るようでしょうか。

今回は、子どもも一緒に片づける場所という事で、子ども部屋やリビングなど、おもちゃを始めとした子どものアイテムが多い場所に便利なものを3つ紹介します。

その1.スタックボックス 扉付きbyアイリスオーヤマ

公式サイト:アイルスプラザ
底面及び天面に連結ピンをさせば、積み重ねて使用する事が出来るこのボックス。

扉が付いているから、もし完ぺきで綺麗な整頓状態じゃなくても、隠してしまう事が出来るから嬉しい一品。子どもにも簡単な開け閉め可能なボックスです。

その2.子どものためのランドセルラックbyニトリ

公式サイト:ニトリ
小学校に入ったらこれはとても便利!

一番上にランドセルを置いて、他にも学校に持って行くものを綺麗に収納出来ます。

本を入れられる部分には、曜日毎に持って行く教科書や宿題を入れておけば、忘れ物の防止にもなりますね。

その3.FLYTTBAR おもちゃ用トランクbyIKEA(イケア)

公式サイト:イケア
可愛いトランク型のおもちゃ箱。軽くて蓋つきだから、普段は子ども部屋に置いて、移動させてたい時等も簡単。

色違いで展開されているから、色によって入れる物を変えれば、子どもにとっても解りやすくそして楽しくお片付けが出来そうですね。

お値段が1つ¥999(税込)とお得なのも嬉しいポイント。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お部屋は清潔にスッキリと保ちたいもの。

しかし育ち盛りの小どもがいたら、なかなか常に片付いた状態を保つのは難しい!

だからこそ、子ども自身も片づけを進んで出来るように、そして片付けが子どもの習慣となるように、簡単にそして楽しく出来たら良いですよね。

子どもが片づけてくれれば、お母さん達のストレスも大きく減ります!

今回紹介したものが、皆さんの参考になれば幸いです。

【PR】植物性葉酸で作られた話題の葉酸サプリメント|レピールオーガニックス
Lepeel  Organics 葉酸サプリメントについて
植物性葉酸についてドクターが解説
The following two tabs change content below.
よこやまさん

よこやまさん

ロサンゼルスで幼児教育を学び、帰国後は都内のインターナショナルプリスクールに勤務。現在はインターナショナルスクール生徒専門の家庭教師、大人向け英会話そして外国人向け料理教室を主宰。現代社会における働き方の変化、そしてコミュニケーションに関する情報を発信している。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。