2017
04.11

離乳食にはちみつ(蜂蜜)を与えてはいけない!?乳児ボツリヌス症とは!?

ボツリヌス菌, はちみつ(蜂蜜), 離乳食

離乳食にはちみつ(蜂蜜)を与えてはいけない!?


引用元:weheartit.com
離乳食としてはちみつ(蜂蜜)を与えた事が原因によって、生後5カ月の男の子が乳児ボツリヌス症により死亡したというニュースをご存知ですか!?

男の子は1ヶ月間で1日平均2回離乳食としてはちみつ(蜂蜜)を混ぜたジュースを飲んでいたそうです。
2017年01月中旬~1日摂取量は約10gと推定、2017年03月30日に残念ですが亡くなられたそうです。

男の子は2月中旬からせき&鼻水を発症し、症状が悪化したのか痙攣や呼吸器不全をお越し搬送された病院で乳児ボツリヌス症と診断されたそうです。

乳児ボツリヌス症とは!?

乳児ボツリヌス症!?初めて聞く方も多かったのではないでしょうか!?

1歳未満の赤ちゃん(乳児)はボツリヌス菌を食品を通して摂取する事で感染するそうです。
腸内で毒素が発生しボツリヌス症を発症してしまうそうですね。

1歳未満の赤ちゃん(乳児)は消化器官や腸内環境も未熟で成長段階な為、ボツリヌス菌が腸内で発育・増殖するようです。菌にとって増殖する可能性が非常に高くはちみつ(蜂蜜)などを与える事は危険なんだそうです。

便秘・筋力低下・脱力・食欲がなくなり・泣き声が小さくなるなどの症状が現れるそうです。

ボツリヌス菌を含む食品としてコーンシロップや黒糖や三温糖にも含まれているとニュースで紹介されていました。

腸回転異常症を発症しNICU(集中治療室)で1ヶ月治療を受け、退院した息子はやっと3ヶ月。
腸内環境を今後も整えてあげるため、離乳食について勉強しなくてはと思っていた矢先のニュース。

正直、離乳食について無知だったのではちみつ(蜂蜜)を与えてはいけない事も初耳だったので驚きました。
はちみつや黒糖と聞くと健康に良いイメージですが、大人がよくても赤ちゃん(乳児)には不向きな食品もあるようです。

離乳食与えてはだめな食品・調味料など改めて離乳食について勉強し予習しておこうと思いまいした。

【PR】植物性葉酸で作られた話題の葉酸サプリメント|レピールオーガニックス
Lepeel  Organics 葉酸サプリメントについて
植物性葉酸についてドクターが解説
The following two tabs change content below.
すくすくママ
生後5日後に、腸捻転(腸回転異常)が発覚、緊急オペを行いNICU(新生児集中治療室)で我が子が治療しました。生後1ヶ月NICU(新生児集中治療室)で赤ちゃんと一緒に頑張っているパパ&ママの参考になれば嬉しいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。